自分に合った対策を選ぼう

お酒やたばこは控える

薄毛に一度なってしまうと、自力での回復は困難です。そして周りの目が気になって外出するのがおっくうになります。ですから事前に薄毛にならないように対策をしっかりと取っておくことが重要です。
薄毛にならないようにするためにはタバコやお酒は控えるようにした方が良いでしょう。
タバコは吸うことによって一酸化炭素が体内に入り、血管が瞬間的に収縮します。すると髪の毛に十分な栄養が行かなくなって弱い髪の毛が生えやすくなります。
お酒は適度に飲めば血行を良くするので悪くはないのですが、あまりに飲み過ぎると多量に摂取したアルコールを分解するためにアミノ酸が大量に消費されます、アミノ酸は髪の毛を作るためには必須の成分であるため、しっかりとした髪の毛が生えてこなくなります。

十分な睡眠や栄養摂取で健康な髪の毛に

髪の毛というのは一定周期で生え変わっていますが、髪の毛の生え変わりに重要な役割をしているのが睡眠です。髪の毛だけではなく肌や骨など、身体のあらゆる部分は寝ている間に新しいものに生まれ変わっています。 睡眠中、特に夜10時から夜中の2時の間に寝ることによって成長ホルモンがたくさん分泌され、髪の毛などが新しく生まれ変わることが出来ます。 健康的な髪の毛を維持するためには十分な睡眠時間を確保することがとても重要なのです。 また、毎日の食事も健康な髪の毛を維持するには大切です。髪の毛はケラチンというタンパク質で構成されているのでタンパク質は絶対必要ですが、それ以外にもビタミンやミネラルなども丈夫な髪の毛を維持するためには重要です。